過払い請求と業者の倒産について

業者が倒産してしまうと、過払い金請求が不可能になることが多いです。

大手消費者金融だから大丈夫という根拠はどこにもありません。

Infoseek ニュースについて真剣に考えてみました。

実際、最大手と呼ばれる業者を筆頭に、大手消費者金融が倒産しています。

その理由は、大勢の人がいっせいに過払い金請求をしたからです。

それにより一気に運営状態が傾いて、全額の返還が厳しくなり、最終的に倒産に追い込まれたのです。

過払い金請求の専門サイトのココです。

過払い金請求を今すぐ行ったほうがよい理由は、業者の倒産リスクに備えるためです。
運営中の今こそが取り戻すチャンスなのです。


今は面倒だから来年になったら弁護士に相談しよう、などと考えていると回収できなくなります。
また、最後の取引から10年で時効になるので、この点もよく覚えておく必要があります。



弁護士に相談したら、数ヶ月までに時効を迎えていたという話もあります。正当な理由なく手続きの先延ばしをしてもメリットはありません。

過払い金の返還額は、業者の業績と比例すると考えていいでしょう。

赤字続きになると全額の返還が厳しくなることがあります。

借り手目線で考えるなら、借金を返済できなくなり債務整理をするのと同じです。業者に返還能力があるときに手続きを開始することで、多くの回収が可能となります。多くの業者は全額の返還に応じませんが、弁護士が仲介役となるので問題はありません。

弁護士が挑戦して50%しか回収できないなら、自分で手続きしてもそれより少ない割合しか回収できないでしょう。